×

会員ログイン

ログイン名
パスワード

ライブ・エンタテインメント論東京工科大学

音楽産業・文化の更なる発展のために

音楽産業・文化の更なる発展のために!
ライブ・エンタテインメント論
-開講に際して-

ライブ・エンタテインメント論

2007年度より、本会が、日本の音楽産業・文化の更なる発展に寄与することを目的に、東京工科大学メディア学部と提携して開講したのがメディア特別講義『ライブ・エンタテインメント論』です。

日本のエンタテインメント産業は、世界各国から高い評価を得る優秀なコンテンツを創出する能力を有しており、21世紀の日本を支える新しい主力産業として発展していく可能性があります。ついては教育機関において早い段階から教育を始めることで、より実践的な人材の輩出が望まれています。

『ライブ・エンタテインメント論』は、学生が「自分にとっての有益な知識や技術の収得」と「学習した内容が実社会で使われることを実感できる学習」ができるようなカリキュラムとなっています。“理系”で培われたノウハウと“文系”の実践的教育とが東京工科大学メディア学部ならではの環境の中で生かされています。

必要な専門知識とスキルが学べる!
東京工科大学メディア学部
-学部のご紹介-

ライブ・エンタテインメント論

「メディア学」を実践的学問として、日本で最初に採り入れた伝統と実績に基づいた人材育成を行っています。

メディア社会の多様化に対応する領域をメディア基礎・専門としてバランスよく学び、それぞれ講義科目に対応した演習科目も用意。まなんだ知識を演習を通して活用するとともに、段階的に知識とスキルを習得できるカリキュラムを構成しています。さらに、3年次からは、専門性を高めるために「コンテンツ創作コース」「インタラクティブメディアコース」「ソーシャルメディアサービスコース」「メディアビジネスコース」よりコースをひとつ選択し、メディアコンテンツの制作・活用、さらにビジネスへの展開手法など必要な専門知識を高めます。

メディアビジネスや教育コンテンツの制作からアニメーション、CG、ゲーム、音楽、ジャーナリズムまで多様なメディアコンテンツに対応する学びの環境を整えています。

講義情報 年度別アーカイブ
  • 2012年度 講義アーカイブ
  • 2011年度 講義アーカイブ
  • 2010年度 講義アーカイブ
  • 2009年度 講義アーカイブ
  • 2008年度 講義アーカイブ
  • 2007年度 講義アーカイブ


今、この人に聞きたいことをインタビュー A.C.P.C. close up

「ライブ・エンタテインメント論」で講師を務めていただいた皆様をゲストに迎え、豊富な話題で役立つトークを展開。

  • REC.007 村井邦彦
    作曲家
  • REC.006 平山雄一
    音楽評論家
  • REC.005 夏目公一朗
    一般社団法人アニメジャパン副理事長 アニプレックス・スーパーバイザー/(株)KADOKAWA映像事業局戦略顧問
  • REC.004 目黒敦
    ウォルト・ディズニー・ジャパン 日本&アジア・パシフィックミュージック担当 キャラクター・ボイス・グループ ディレクター
  • REC.003 中川悠介
    アソビシステム株式会社代表取締役
  • ライブ・エンタテインメント論 ゲスト講師プロフィール
  • コンサートプロモータとは?
  • PICK UP REPORT ピックアップレポート
  • A.C.P.C. close up ライブエンタテインメント論 寄附講座の講師にインタビュー
  • OTM トラブルを未然に防ぐため、チケットは正規ルートでご購入下さい
  • ライブ・エンタテインメント論 一般聴講生募集中!
  • 東京工科大学
  • 宮城大学
  • 昭和音楽大学
  • A.C.P.C. NAVI ライブ・エンタテインメント産業の最新情報を配信!
  • A.C.P.C. ZONING ライブ・エンタテインメント産業の発展、文化、歴史がわかる!

ページトップ

Copyright©ACPC. All rights reserved.