×

会員ログイン

ログイン名
パスワード

寄附講座

寄附講座 ライブ・エンタテインメント論

日本の音楽業界、ライブ・エンタテインメントの今がわかる!

A.C.P.C.は、業界が求めるより実践的な教育と学びの環境の実現のため、各大学で寄附講座を開講しています。

東京工科大学

音楽産業・文化の更なる発展のために!
ライブ・エンタテインメント論
-開講に際して-

ライブ・エンタテインメント論

2007年度より、本会が、日本の音楽産業・文化の更なる発展に寄与することを目的に、東京工科大学メディア学部と提携して開講したのがメディア特別講義『ライブ・エンタテインメント論』です。

日本のエンタテインメント産業は、世界各国から高い評価を得る優秀なコンテンツを創出する能力を有しており、21世紀の日本を支える新しい主力産業として発展していく可能性があります。ついては教育機関において早い段階から教育を始めることで、より実践的な人材の輩出が望まれています。

『ライブ・エンタテインメント論』は、学生が「自分にとっての有益な知識や技術の収得」と「学習した内容が実社会で使われることを実感できる学習」ができるようなカリキュラムとなっています。“理系”で培われたノウハウと“文系”の実践的教育とが東京工科大学メディア学部ならではの環境の中で生かされています。

必要な専門知識とスキルが学べる!
東京工科大学メディア学部
-学部のご紹介-

ライブ・エンタテインメント論

「メディア学」を実践的学問として、日本で最初に採り入れた伝統と実績に基づいた人材育成を行っています。

メディア社会の多様化に対応する領域をメディア基礎・専門としてバランスよく学び、それぞれ講義科目に対応した演習科目も用意。まなんだ知識を演習を通して活用するとともに、段階的に知識とスキルを習得できるカリキュラムを構成しています。さらに、3年次からは、専門性を高めるために「コンテンツ創作コース」「インタラクティブメディアコース」「ソーシャルメディアサービスコース」「メディアビジネスコース」よりコースをひとつ選択し、メディアコンテンツの制作・活用、さらにビジネスへの展開手法など必要な専門知識を高めます。

メディアビジネスや教育コンテンツの制作からアニメーション、CG、ゲーム、音楽、ジャーナリズムまで多様なメディアコンテンツに対応する学びの環境を整えています。

講義情報 年度別アーカイブ
  • 2012年度 講義アーカイブ
  • 2011年度 講義アーカイブ
  • 2010年度 講義アーカイブ
  • 2009年度 講義アーカイブ
  • 2008年度 講義アーカイブ
  • 2007年度 講義アーカイブ


宮城大学

ライブ・エンタテインメント ビジネス論

ライブ・エンタテインメント ビジネス論

ここ数年、ライブ・エンタテインメント市場が注目される機会も増え、社会的なニーズも高まっていますが、本会では優れたライブ・コンテンツを創出・提供していくために、教育機関における人材育成が必要と考え、音楽専門学校との連携や大学で寄附講座を開設するなど、これまでにも積極的に取り組んできました。

ライブ・エンタテインメントは日々、日本全国で開催されていて、本会の会員社も日本全国で事業を展開しています。そういった全国組織の視点から、各エリアにおいて、よりライブ・エンタテインメントに興味を持ってもらい、新たな人材育成、即戦力となる人材を業界に輩出していくことを目的に、2014年度より宮城大学のご協力を得て、事業構想学部の1,2年生を対象に寄附講座『ライブ・エンタテインメント ビジネス論』を新たに開設しました。

事業構想学部
-学部のご紹介-

事業構想学部

「各種事業を総合的にプロデュースする知識とスキルを備えた事業者・技術者の養成」

俯瞰的に見る眼を養い、専門的技術で高い実践力を養います。

学びの特長
  • 事業に欠かせないビジネス、情報、デザインの3つの専門知識・スキルの融合した事業者・技術者の教育を行います。また、関連する国家資格取得への道を開きます。
  • フィールドワーク、事例研究等を重視することにより、社会の実態に触れ実践力を養います。
  • チームプロジェクト研究や卒業研究で事業モデルや作品を作成することにより、構想力を養います。
  • 事業構想に必要な基本リテラシーとして、英語、情報処理、会計能力を養います。

宮城大学 事業構想学部へ

2014年度の実績

今年度は2014年10月1日の開講オリエンテーションが行われ、本会の中西会長が登壇。本寄附講座の開講に至った経緯とライブ・エンタテインメントの現状を説明し、また、音楽業界の復興支援への取り組みの紹介と、ライブ・エンタテインメントを通じた被災地へのメッセージを伝えました

第2回目以降は下記の講師の方々にご登壇いただきました。

日付 テーマ 社名 講師名
2014/10/01 開講オリエンテーション ACPC会長 中西 健夫
2014/10/15 ライブ・ビジネスの仕組~総論(プロモーターの役割) ディスクガレージ 大塚 健太郎
2014/10/22 プロモーターの歴史 ACPC常務理事 山本 幸治
2014/11/05 ライブ・ビジネスの仕組~各論①(宣伝~チケット販売) ローソンHMVエンタテイメント 執行役員 酒井 大
2014/11/12 ライブ・ビジネスの仕組~各論②(ステージ製作編) クリエイト大阪 取締役 岡野 克己
2014/11/19 ライブ・ビジネスの仕組~各論③(PA・照明編) 東北共立 技術製作課 長田 晃彦
東北共立 営業 石川 智英
2014/12/03 東日本大震災と放送局~ラジオ・テレビを通じてアナウンサーが伝えてきたこと 東北放送 アナウンス部 名久井 麻利
2014/12/10 施設(ホール/ライブハウス)とライブ Zeppホールネットワーク ホール開発事業部 清水 健司
Zeppホールネットワーク Zepp DiverCity副支配人 本多 真一郎
2014/12/17 メディアとライブ エフエム東京 執行役員 村上 正光
2014/12/24 プロダクションとライブ・ビジネス DGエージェント 河津 知典
2015/01/14 アーティストの海外展開 クリエイティブマンプロダクション 宣伝部部長 平山 善成
クリエイティブマンプロダクション コレスポンデント 山田 蓉子
2015/01/21 ロックフェス考察 GIP 執行役員 菅 真良
2015/01/30 ライブ・ビジネスの未来~ライブ実演 ACPC副会長 佐藤 寿彦
ミュージシャン 坂本 サトル
講義情報 年度別アーカイブ
  • 2014年度 講義アーカイブ


今、この人に聞きたいことをインタビュー A.C.P.C. close up

「ライブ・エンタテインメント論」で講師を務めていただいた皆様をゲストに迎え、豊富な話題で役立つトークを展開。

  • ライブ・エンタテインメント論 ゲスト講師プロフィール
  • コンサートプロモータとは?
  • PICK UP REPORT ピックアップレポート
  • A.C.P.C. close up ライブエンタテインメント論 寄附講座の講師にインタビュー
  • OTM トラブルを未然に防ぐため、チケットは正規ルートでご購入下さい
  • ライブ・エンタテインメント論 一般聴講生募集中!
  • 東京工科大学
  • 宮城大学
  • A.C.P.C. NAVI ライブ・エンタテインメント産業の最新情報を配信!
  • A.C.P.C. ZONING ライブ・エンタテインメント産業の発展、文化、歴史がわかる!

ページトップ

Copyright©ACPC. All rights reserved.